コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > 安心・安全 > <草加市ハザードマップ>2月中旬から3月末にかけて全戸配布します

<草加市ハザードマップ>2月中旬から3月末にかけて全戸配布します

更新日:2017年2月28日

  • ハザードマップ表紙の画像

地域の皆様にご意見を頂きましたハザードマップが出来上がりました!

各町会・自治会の代表の皆様にご意見を頂いた草加市のハザードマップが完成しました。
お気づきの点をご指摘いただいた皆様、各ワークショップにご参加いただいた皆様、ご協力ありがとうございました。
皆様のご意見を参考に、ご家庭で保管しやすいよう冊子の左上に穴を開けました。紐を通して冷蔵庫や目の付くところに保管してください。

この機会に、ご家族で避難場所や連絡方法など、災害が発生した後に困らないよう事前に話し合っておきましょう。

ハザードマップには、水害や地震について書かれています。

水害や地震が発生したとき、草加市はどうなるか、どう対応したらよいか。
災害から命や家財を守るために、どんな準備が必要か書かれています。

自助とは、自然災害に備えて、備蓄用食料の事前準備や、地震に備えて住宅の耐震化や家具の固定をすること。
共助とは、町会・自治会や周辺の企業など、ご近所同士でお互いに助け合うこと。
公助とは、自治体による支援・救助・救済のこと。

注:過去の大地震では、倒壊建物から救出された人の約8割がご家族やご近所の人に助け出されています。
近年では、自助・共助の重要さが再認識されています。

ポストへ投函されていない方は危機管理課までご連絡ください。

二世帯住宅やポストを設置していない世帯など、1世帯に1冊届かなかった方は危機管理課までご連絡ください。


電話番号 048-922-0614
ファクス 048-922-6591

このページに関する問い合わせ先

市長室 危機管理課
住所:〒340-8550 草加市高砂1丁目1番1号
電話番号:048-922-0614
ファクス番号:048-922-6591

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。