コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップ > 10月7日に発生した地震の対応について

10月7日に発生した地震の対応について

更新日:2021年10月15日

過去の事例では、大地震発生から1週間程度の間に同程度の地震が発生した事例が1~2割程度あり、今後もしばらくは、規模の大きな地震が発生する可能性もありますので、十分、ご注意ください。

発生日時等

  • 令和3年10月7日(木曜日)午後10時41分頃
  • 震源地
    千葉県北西部
  • 震源の深さ
    75キロメートル
  • 地震の規模
    マグニチュード5.9
  • 最大震度
    5強
  • 草加市の震度
    5弱

被害等状況

  1. 人的被害
    軽症1人
  2. ライフライン
    電気、ガス(都市・LP)、水道は通常どおり供給中、可燃ごみ、資源物、不燃物回収も通常どおり実施
  3. 公共交通
    東武鉄道(地震発生~10月8日午前2時頃:運行見合わせ)、東武バス、国際興業バス、朝日自動車、コミュニティバスいずれも通常運行
  4. その他被害
    • 火災:1件(原因不明:調査の結果、地震を起因とする火災の断定には至りませんでした)
    • 水道管からの漏水:1か所(対応済) 
    • ブロック塀等一部破損:3か所
    • 電線下垂:3か所(対処済)

体制

  • 午前0時10分
    草加市災害対策本部設置・第1回本部会議開催
  • 午前1時30分
    第2回草加市災害対策本部会議開催
  • 午前2時
    災害対策本部から災害警戒本部に体制を切り替え
  • 午前10時
    第1回草加市災害警戒本部会議開催
  • 午前10時30分
    草加市災害警戒本部体制解除

職員配備

非常体制3号配備(最大職員1/2参集)

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。