コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > 観光・文化 > 草加市を知ろう > 文化・伝統・産業 > そうか今昔 > 草加今昔 松原団地

草加今昔 松原団地

更新日:2018年7月4日

松原団地

平成19年2月20日号掲載
松原団地は日本都市公団(現在の都市再生機構)が建設し、昭和39年に完成しました。総敷地面積60ヘクタール、5,926戸、当時は東洋一のマンモス団地と呼ばれました。昭和37年に松原団地駅が開設されたこともあり、団地内には小・中学校、保育園、市役所サービスセンター、郵便局、商店街などが次々と建てられ、めまぐるしい発展を遂げました。

建て替え工事が進む松原団地

この写真は昭和38年ごろのものだと思います。友人からもらいました。当時の松原団地は少し上流の空気があって、住むことが人々の憧れでした。若い世代の人たちが続々と引っ越してきて、急激にまちが変わったことがとても印象に残っています。それでも団地の周りは田んぼばかりで、稲刈りの後にはれんげが咲き、たくさんの子どもたちが摘んで遊んでいました。再び、建て替えでまちが変わるのですね。うれしいような寂しいような気がしています。
(写真・文:関登さん)


草加松原団地は老朽化が進んだことから、事業面積約54ヘクタール、整備計画戸数約6,000戸の大規模な団地建替事業を計画し、平成17年10月から工事に着手しました。
平成30年5月までに、A・B街区においてUR賃貸住宅3,050戸が完成しています。
また、UR所有地の一部が民間事業者へ売却され、マンションや高齢者福祉施設、子育て支援施設、病院などが整備されました。
今後は、平成30年10月からD街区の既存住棟解体工事に着手し、平成32年までに道路などの基盤整備を完成させ、民間事業者にUR所有地を売却し、事業完了する予定となっています。

このページに関する問い合わせ先

市長室 広報課
住所:〒340-8550 草加市高砂1丁目1番1号
電話番号:048-922-0549
ファクス番号:048-922-3041

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。