コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > 観光・文化 > 草加市を知ろう > 文化・伝統・産業 > そうか今昔 > 草加今昔 草加劇場

草加今昔 草加劇場

更新日:2011年5月25日

 草加劇場
草加劇場は草加駅東口を出て少し行ったところを右に入った、現在のアコス南館のあたりにありました。昭和10年頃から演劇や浪曲、無声映画などを興行してきた劇場です。戦後は早くから常設映画館として連日、多くの客でにぎわっていました。

草加劇場(今)

私が高校生くらいのころは、家にテレビがなく、娯楽がなかったものですから、みんなよく映画を観に行きました。それが唯一の娯楽でした。

草加劇場にも友達と一緒によく石原裕次郎や小林旭の映画を見にいきました。いつ行っても立ち見が出るほどの盛況ぶりで、今では考えられませんが、観客はみなスクリーンに向かって掛け声や拍手を送っていました。毎回ドキドキハラハラしながら見ていたのを覚えています。
(写真:草加市所蔵 文:鈴木正利さん)

草加劇場は昭和62年、草加駅東口再開発事業の一環として廃館となりました。平成4年にはアコスなど一連の施設整備が完了し、当時の建設大臣から「まちづくり事業関係優良団体」の表彰を受けました。

このページに関する問い合わせ先

広報課
住所:〒340-8550 草加市高砂1丁目1番1号
電話番号:048-922-0549
ファクス番号:048-922-3041

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。