コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > 観光・文化 > まちの話題 > 令和元年度 > 草加せんべいの新商品 ビールに合うせんべい「KANPAI!SENBEI!」が完成

草加せんべいの新商品 ビールに合うせんべい「KANPAI!SENBEI!」が完成

更新日:2019年11月22日

191111kanpaisenbei1.jpg
写真左から草加せんべい振興協議会 豊田重治会長、浅井昌志草加市長、キリンビール株式会社埼玉支社 笠原賢一支社長

11月11日(月曜日)に、草加せんべい振興協議会がキリンビール株式会社の協力を得て開発した草加せんべいの新商品「KANPAI!SENBEI!」の完成報告会が行われました。
草加せんべい振興協議会では、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を契機に、草加せんべいを世界に発信しようと、せんべいでつくるモザイクアートのギネス世界記録達成などの国際PR事業を行ってきました。
今回は、海外への強くアピールできる草加せんべいを開発しようと、「乾杯の時に食べるせんべい」をコンセプトに、ビールに合う味のせんべいの開発を目指しました。
 191111kanpaisenbei2.jpg 191111kanpaisenbei3.jpg
       燻製醤油×ローストアーモンド×ロースト昆布味の「KANPAI!SENBEI!」

今回の開発には、自社製品と地域の特産品のコラボレーションなどを通じて、地域創生に積極的に取り組まれているキリンビール株式会社埼玉支社に協力いただき、試行錯誤を重ねた結果、ビールに合うフレーバーとして「燻製醤油×ローストアーモンド×ロースト昆布」味を完成。試作品を、9月に開催されたラグビーワールドカップ熊谷会場内の埼玉県市町村PRブースで提供したところ、試食した外国人の90%以上の方から、ビールに合うと好評をいただいています。

 191111kanpaisenbei4.jpg

草加せんべい振興協議会の豊田会長は、「協議会として初となる新商品開発の事業で、草加せんべいを広く世界にPRすることができる」と話され、協議会で新商品開発を担当された鈴木副会長も「草加せんべいを通じた新しい体験を生み出したいと、ビール用せんべいをつくろうと考えた。キリンビールの協力を得て、海外の方たちにも受け入れられるせんべいを開発することができたと、手ごたえを感じている」と、笑顔で話されました。

新商品開発にご協力いただいたキリンビール株式会社埼玉支社の笠原支社長も「会社の方針として埼玉の元気発信を掲げており、世界に類を見ないせんべいとのコラボレーションの機会をいただいてありがたい。海外の方にも反響があり、可能性の高い商品だと感じている」と挨拶。
開発の報告を受けた浅井市長は、「開発された『KANPAI!SENBEI!』が、草加せんべいの新たな取り組みとして注目を集め、草加せんべいの販路拡大につながることを期待しています」とお祝いの言葉を述べました。

草加せんべいに新たな歴史を刻んだ「KANPAI!SENBEI!」は、草加せんべいとキリンビールとのコラボレーション商品。醤油をベースにこれまでに無かった風味を加え、新たなビール体験を演出するせんべいとなっています。「KANPAI!SENBEI!」は、いけだ屋、大馬屋で購入できるほか、市内の飲食店でおつまみとしても提供される予定ですので、ぜひお楽しみください。

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。