コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > 観光・文化 > まちの話題 > 令和元年度 > 草加の魅力を再発見「草加まち歩きツアー」を開催

草加の魅力を再発見「草加まち歩きツアー」を開催

更新日:2019年12月3日

190923machi.jpg
9月23日(月曜日・祝日)に、旧日光街道「草加宿」から国指定名勝「おくのほそ道の風景地 草加松原」までの観光名所を巡る「草加まち歩きツアー」が開催されました。

今回の草加まち歩きツアーでは、草加の魅力を楽しんでいただけるよう、草加松原の散策や、草加の代名詞「草加せんべい」の手焼き体験、今年4月にオープンした「漸草庵 百代の過客」の施設見学などのプログラムを用意。市内外から27名の方が参加しました。

190923machi1.jpg  190923machi2.jpg
草加駅前では「アコス」の由来(草加の核「Akro of SOKA」の頭文字)、アコちゃん・おせんさん像の解説も

草加駅東口駅前のカーソンプラザに集合した一行。草加宿案内人の会の皆さんのガイドによって、草加宿の名所を巡る散策が始まりました。

190923machi3.jpg 190923machi4.jpg 190923machi7.jpg
旧道沿いの藤城家
国登録有形文化財建築物
八幡神社
獅子頭が市指定有形文化財工芸品
東福寺
鐘楼と山門が市指定文化財建築物

190923machi14.jpg 190923machi5.jpg
歴史民俗資料館で草加の歴史を学ぶ                                                         草加の代名詞「草加せんべい」の手焼き体験

解説を聞きながら草加宿の名所を巡った一行。歴史民俗資料館では、草加宿の成り立ちや松並木についても説明を受けました。お昼には地元で採れた新鮮野菜を使ったランチをとり、午後からは草加のシンボルである草加松原を散策。

190923machi9.jpg 190923machi10.jpg 190923machi11.jpg

散策を終えた一行は、綾瀬川のほとりの漸草庵へ。お休み処で抹茶と和菓子を楽しんだ後、茶室などの施設を見学。伝統的な数寄屋造りの建物を見入っていました。

        190923machi12.jpg  190923machi15.jpg

今回、初めての開催となった「草加まち歩きツアー」。参加者からは「まちなかの建物や草加の歴史を知ることができて良かった」や、「草加の魅力を再発見できた」などの声が聞かれました。

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。