コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > 観光・文化 > まちの話題 > 令和元年度 > 包括連携協定をコカ・コーラボトラーズジャパン株式会社と締結

包括連携協定をコカ・コーラボトラーズジャパン株式会社と締結

更新日:2019年7月24日

190724kokako-ra1.jpg
写真左から コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社井上豊関東営業本部長、浅井昌志草加市長 

東京2020オリンピック競技大会開幕までちょうど1年となる7月24日(水曜日)に、スポーツを通じて健康でより豊かな生活を送ることができるまちづくりを目指して、草加市とコカ・コーラボトラーズジャパン株式会社が草加市スポーツ・健康づくり都市宣言の推進に関する包括連携協定を締結しました。

草加市では、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に際し、コロンビア共和国パラリンピック水泳競技選手団事前キャンプの実施や、東京2020オリンピック聖火リレーが、草加が誇る名所「草加松原」を通ることが決定しています。

190724kokako-ra2.jpg 190724kokako-ra3.jpg
協定調印の様子                          包括連携協定書

協定締結に当たり、コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社井上豊関東営業本部長は、「草加市と本協定を締結し、地域活性、市民サービス向上に連携して取り組んでいけることをうれしく思います。私どもがJOCオリンピック支援自販機の展開などで東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の機運醸成を図ることをはじめ、草加市のスポーツ・健康づくり都市宣言に基づくスポーツを通じて健康でより豊かな生活ができるまちづくりに協働することで、更に草加市民の皆様へハッピーな瞬間とさわやかさをお届けしたいと考えております。」と挨拶されました。

浅井昌志草加市長は、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開会まで1年となり、コロンビア共和国のホストタウンとして、聖火リレーの出発地としても東京2020大会に向けた気運醸成を図る必要があります。コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社との連携は、市独自ではできない東京2020大会に向けた取り組みを実施でき、大変有用です。」と感謝の意を表しました。

連携の取り組みの一環として、スポーツ健康都市記念体育館、そうか公園クラブハウス、瀬崎グラウンドに、オリンピックに関する装飾が施された聖火リレーメモリアル自販機など3台が設置されています。
また、2020年7月8日(水曜日)に行われる東京2020オリンピック聖火リレーの出発式を市民の皆さんとともに一緒に盛り上げていくため、東京2020大会に向けた気運醸成イベントなどにおいて、コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社と連携した取り組みを行っていきます。



このページに関する問い合わせ先

市長室 広報課
住所:〒340-8550 草加市高砂1丁目1番1号
電話番号:048-922-0549
ファクス番号:048-922-3041

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。