コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > 観光・文化 > まちの話題 > 平成30年度 > 冬の訪れ「松のこも巻き」が行われました

冬の訪れ「松のこも巻き」が行われました

更新日:2018年11月7日

  • こもまき1の画像

11月7日(水曜日)、この立冬の日に害虫から草加のシンボル・松並木を守る「こも巻き」が、国指定名勝「おくのほそ道の風景地 草加松原」として登録されている草加松原遊歩道で行われました。

こも巻きは、藁でできた「こも」を松の幹に巻き付け、寒い時期に虫を「こも」の中に集め、薬剤を使わずに松を守る、古来からの知恵です。

こもまき2

松の枝などに付くマツカレハなどの害虫が越冬のために地中に潜る性質を利用して巻き付けた「こも」に誘い込みます。

こもまき3

5人の職人が、634本の松を一本一本丁寧に作業を行います。

こもまき4

こも巻きされた松並木は、こもを外して焼却を行う啓蟄の頃(3月6日頃)までご覧いただけます。冬限定の景色をお楽しみください。

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。