コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > 観光・文化 > まちの話題 > 平成30年度 > 第3回アントニオ猪木元気杯オータムチャレンジ関東少年少女キッズレスリング選手権大会が開催されました

第3回アントニオ猪木元気杯オータムチャレンジ関東少年少女キッズレスリング選手権大会が開催されました

更新日:2018年9月6日

9月2日(日曜日)、スポーツ健康都市記念体育館で、市制60周年記念として第3回アントニオ猪木杯オータムチャレンジ関東少年少女キッズレスリング選手権大会が開催され、関東近郊42のレスリング教室から345名の選手が参加し、熱戦が繰り広げられました。
  180902antonio1.jpg  180902antonio2.jpg

  180902antonio9.jpg  180902antonio3.jpg

この大会は、シドニー五輪レスリング日本代表で、当大会主催者会長でもある宮田和幸氏が、子どもたちにレスリングの楽しさを知ってもらうとともに、レスリングを通して目標に向かって努力することの大切さを感じてもらいたいとの思いで開催しており、今回で3回目。
宮田氏の運営するジムが草加市内にあることから、草加市制60周年や東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会への機運醸成を図ろうと草加市で開催する運びとなりました。

  180902antonio4.jpg  180902antonio8.jpg

  180902antonio5.jpg  180902antonio6.jpg

大会名にもなっているアントニオ猪木氏は、残念ながら都合がつかず来場されませんでしたが、「日頃の練習の成果を存分に発揮してほしい。」との激励コメントが寄せられました。試合は各学年・各階級ごとに4つのレスリングマットで行われ、小学3年生から6年生の各クラス優勝者の成績優秀者は、アントニオ猪木氏も参加するレスリング合宿に招待されるとのこと。

各マットではちびっ子レスラーの微笑ましい戦いから、高学年ともなるとローリングで相手を回して得点を得るなど、随所で熱い戦いが繰り広げられ、会場は熱気に包まれていました。

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。