コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > 観光・文化 > まちの話題 > 平成29年度 > 平和都市宣言30周年記念 平和の日講演会「まむしが見た東京大空襲」が開催されました

平和都市宣言30周年記念 平和の日講演会「まむしが見た東京大空襲」が開催されました

更新日:2017年9月6日

9月2日(土曜日)に、「まむしが見た東京大空襲」と題した記念講演会が、草加市と平和ネットワーク草加との共催により、勤労福祉会館で開催されました。
草加市は、1987年(昭和62年)に、世界の恒久平和と国際協調の達成を目指し、平和都市宣言を行っています。同会は、平和都市宣言を広く知らしめ、ともに平和に協力することを目的に、1994年(平成6年)に発足して以来、草加市と共に平和パネル展などの平和事業を推進していただいています。
 
今回は、平和都市宣言30周年を記念した平和の日記念講演会として、自身が体験された東京大空襲について、俳優・タレントの毒蝮三太夫さんをお招きし、ご講演いただきました。

 170902dokumamusi4.jpg
 
毒舌で知られる毒蝮三太夫さん。この日の講演会には、定員の2倍を超える400人以上の応募が殺到するほどの人気ぶり。運よく抽選に当たり会場を埋め尽くした聴衆の皆さんは、毒蝮さんの毒舌トークを楽しむとともに、貴重な体験談に耳を傾けていました。

170902dokumamusi2.jpg  170902

「元気かババア」の第一声と共に入場した毒蝮さん。軽快な毒舌トークで会場の皆さんを釘付けに。時事を交えたネタでも会場を沸かせます。
毒蝮さんの話に聴衆の皆さんが引き込まれたころ、自身が体験された東京大空襲について話始めた毒蝮さん。それまでの毒舌トークとはうってかわり、聴衆の皆さんに訥々と語りかける口調で、体験された方にしか語ることのできない悲惨な光景や、体験に基づく平和の価値、尊さについて話されました。

また、「今の平和でよい国を孫や曾孫に引き継いでいかなければならない。話し合えば解決できることは数多くある。地球を守るのは地球人しかいない。」と訴えていました。
戦争の悲惨さと平和の尊さについて語ってくださった毒蝮三太夫さん。講演の最後はいつもの毒舌トークで皆さんを笑わせながら、会場を後にされました。

170902dokumamusi3.jpg

草加市では、平和都市宣言の趣旨の普及と世界の恒久平和を願う心を広く市民の皆さんに広めようと平和事業を展開しており、東京大空襲や沖縄戦、広島・長崎への原爆投下に関する写真パネルの展示や平和施設見学会などのイベントを行っています。市民の皆様のご参加をお待ちしています。

このページに関する問い合わせ先

市長室 広報課
住所:〒340-8550 草加市高砂1丁目1番1号
電話番号:048-922-0549
ファクス番号:048-922-3041

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。