コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > 観光・文化 > まちの話題 > 平成28年度 > 草加松原で春を迎える「こも外し」が行われました

草加松原で春を迎える「こも外し」が行われました

更新日:2017年2月7日

2017年こも外し1

2月4日、国指定名勝、草加松原の松634本の「こも」が外されました。
こも外しは、わらで作られた「こも」の中に集まった害虫を除去する作業です。
こもは例年11月初旬に松に巻かれ、暖かくなり始めて虫が這い出るとされる啓蟄の頃に外されます。

2017年こも外し2 2017年こも外し3

この日、作業員はこもを固定する紐を切って次々とこもを外していきました。
外したこもの中には毛虫などの害虫が入っていたほか、こもが巻かれていた部分の幹には白い繭も見られました。作業員はこれらをひとつひとつ丁寧に除去していき、穏やかな晴天の下、草加松原が春の装いとなりました。

2017年こも外し4 2017年こも外し5
○こもが巻かれていた部分の幹に残った白い繭や毛虫

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。