トップページ > 組織一覧 > 市長室)秘書課 > ホっとコラム(平成25年度) > <市長コラム>「モノづくりふれあい訪問」に行ってきました(11月25日)

<市長コラム>「モノづくりふれあい訪問」に行ってきました(11月25日)

最終更新日:2013年11月29日

ほっとコラム バナー 

市の計画や施策を決めるには、まずは現場の声を聴き、現状を十分に把握したうえで課題を整理することが大切だと考えています。

そこで、昨年6月から、モノづくりを行う農家や事業所におじゃまし、作業体験や意見交換をさせていただく「モノづくりふれあい訪問」を行っています。

 

11月25日、手代町で都市農業を営む石関伸一さん(手代町347)と、谷塚上町で自動包装機を製作している(株)川島製作所(谷塚上町434)を訪問しました。


食育応援農家として、学校給食に地元でとれた新鮮な野菜を提供している石関さんは、手代町の住宅地の中で、ビニールハウスを利用してトマトなどを栽培しています。都市農業を積極的に展開する石関さんが、今年1月から新たに取り組んだのは「しいたけ」の栽培。50坪ほどの専用ハウスを新設しました。
251125-1.JPG251125-2.JPG  
■ハウスの棚はしいたけの菌床でいっぱい。石関さんのしいたけは肉厚でおいしそう

 

「夏を除いて一年中栽培しています。美味しいしいたけを作るには温度と湿度の管理が大切。昼夜の気温差が10~15度くらい開くのが理想ですね」と話されるとおり、ハウス内の天井には、灌水用のパイプが張り巡らされています。一つの菌床から3回ほどしいたけを収穫することができるそうで、1回目に採れるしいたけが一番柔らかいとのこと。
251125-3.JPG251125-4.JPG  
■田中市長も収穫をお手伝い。しいたけをハサミで切り採るのは意外に難しい作業なのです。しいたけ栽培は家族全員で行います。自慢のしいたけをPRしてくれたのは石関めぐみさんと久美子さん

 

この柔らかいしいたけは、草加の子供たちに食べてもらいたいと学校給食に提供しています。草加の子供たちの食育は、石関さんのような都市農業にかける熱意によって支えられています。

 

 

次に訪問したのは、創業から100年を超える(株)川島製作所。同社が草加市に本社を移したのは昭和61年のこと。この会社は、誰もが一度は目にしたことのある有名メーカーのお菓子などを包装する「自動包装機」の製造・販売を行う専門メーカーです。
251125-5.JPG251125-6.JPG  
■ショーケースには誰でも目にしたことのあるお菓子などが並びます。写真右の機械は、グミやキャンディなどを連続した小袋に包装します

 

本社ロビーのガラスケースには、同社の包装機で包装された数多くのお菓子などが展示されています。「工場見学に訪れた小学生は、お菓子作りの工場と思うようです」と佐久間社長は笑います。
251125-7.JPG251125-8.JPG  
■機械は用途に応じてカスタマイズされます。商品を包装紙で包む作業も機械を使うと仕上がりにむらがありません

 

同社が製作する自動包装機は皆同じように見えますが、機能がそれぞれ異なります。包む商品に合わせた包装が必要とされるからです。包装袋から酸素を抜き商品を日持ちさせる包装を、瞬く間に行う機械もあります。「すべてはオーダーメイド。機械にもよりますが、国内で使われている自動包装機の100%のシェアを占める製品もあります」とのこと。日本全国、さらには世界に向けて飛躍する包装機のパイオニア企業の頭脳は、この草加市にありました。
   

このページに対する皆さんの声を聞かせてください。

情報は役に立ちましたか?
情報は見やすいですか?
役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。
寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。

ページのトップへ戻る

All rights reserved. Copyright SOKA-CITY

草加市役所

住所:
〒340-8550埼玉県草加市高砂1丁目1番1号(市役所へのアクセス
電話:
048-922-0151(代)
ファクス:
048-922-3091(代)
開庁時間:
月曜日~金曜日(年末年始・祝日を除く)午前8時30分~午後5時
水曜日夜間(午後9時まで)
日曜総合窓口(午前9時~午後0時30分)
水曜日夜間・日曜総合窓口の取り扱い業務一覧
ページのトップへ戻る 一つ前にへ戻る

All rights reserved. Copyright 2011 SOKA-CITY