コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > 市政 > 市の紹介 > 市長メッセージ > ホっとコラム(平成29年度) > <市長コラム>全国小学生陸上競技交流大会出場選手の表敬訪問をいただきました

<市長コラム>全国小学生陸上競技交流大会出場選手の表敬訪問をいただきました

更新日:2017年8月2日

  • 170731rikujyou1.jpg

    女子80mハードル県予選優勝
    小林穂花さん(高砂小6年生)

  • 170731rikujyou2.jpg

    男子100m県予選優勝
    上原逞雅くん(松原小6年生)

8月18日(金曜日)~19日(土曜日)に、神奈川県横浜市の日産スタジアムにおいて、第33回全国小学生陸上競技交流大会が開催されます。見事に埼玉県予選大会で優勝し本大会へ出場する2人が、表敬訪問の場で本大会での意気込みを語ってくれました。

  • 170731rikujyou5.jpg
  • 170731rikujyou6.jpg


女子80mハードルを自己ベスト13秒05で、他を圧倒して優勝した小林穂花(ほのか)さん(高砂小6年生)。所属している草加ジュニア陸上クラブの南澤康夫代表は、県予選では断トツで優勝したが、最後のハードルでつまずかないかだけが心配だった。100mでも13秒99のタイムを持つ俊足の小林さんなら、本大会でも良い結果が出せる。12秒台を目指して頑張って欲しいとエールを送っていました。
 170731rikujyou3.jpg
男子100mを12秒68のタイムでライバルを制し初優勝を果たした上原逞雅(よしまさ)くん(松原小6年生)。上原くんは特定のクラブに所属しておらず、独自に練習を重ねているとのこと。お父さんの上原康志(やすよし)さんからは、県予選の先週の交流大会で、5年生の時には一度も勝てなかったライバルに勝ったことで自信がついた。最近、12秒46とタイムも縮めており、本大会での応援をお願いしたいと話されました。
 170731rikujyou4.jpg
全国大会に向けて、小林さんは「決勝に残り12秒台で3位以内のメダル獲得を目指します。」と、上原くんは「決勝で11秒台を出して3位以内を目指して頑張ります。」とそれぞれ笑顔で力強く抱負を語ってくれました。
2人には、目標を大きく「優勝」目指して頑張ってもらいたいと思います。

  • 170731rikujyou7.jpg
  • 170731rikujyou8.jpg


小林さん、上原くんの2人は、埼玉県が将来オリンピックや世界選手権などの国際大会で活躍する選手の発掘・育成を目指して取り組んでいる「彩の国プラチナキッズ」として、様々な種目のスポーツにも取り組んでいます。
2人は、まだまだ様々な可能性を秘めていると思います。2人が草加っ子のオリンピアンとして活躍してくれることを期待していますし、草加市としても、こうした子どもたちを応援していきたいと考えています。
  170731rikujyou9.jpg

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。