コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
草加市役所

トップページ > 市政 > 市の紹介 > 市長メッセージ > ホっとコラム(バックナンバー平成28年度) > <市長コラム>奥の細道サミットが聖火リレーコース誘致に向け14万筆署名と共に要望書を提出

<市長コラム>奥の細道サミットが聖火リレーコース誘致に向け14万筆署名と共に要望書を提出

更新日:2017年2月21日

ほっとコラムバナー

聖火リレーの署名を手にする市長

俳聖・松尾芭蕉による「おくのほそ道」に関わりのある区市町と団体で構成する「奥の細道サミット」。
東京オリンピック・パラリンピックで行われる聖火リレーコースに、芭蕉が旅した「おくのほそ道ルート」を逆にたどってもらうための誘致活動を行っています。
私は、同サミット会長の小川敏大垣市長らとともに、2月14日、加入自治体等の市民の皆様の熱い思いとして、署名14万2627筆分を添え、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会に要望書を提出いたしました。

聖火リレーを要望する目的は、訪日外国人観光客を誘客し、日本文化を代表する俳句を世界に向けて発信するとともに、ルートに含まれる東日本大震災の被災地激励と併せ、日本の復興に向けた力強い歩みを世界に発信するためです。

草加市では、市内の町会や学校、各種団体等に協力を呼びかけ署名活動を行ったところ、5万5087筆分の署名が集まり、聖火リレーコース誘致を働きかけることができました。

皆様のご協力に感謝申し上げます。

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。